音鑑主催事業案内・報告

ONKANウェブネット > 音鑑主催事業案内・報告 > 第50回 音楽鑑賞教育振興 論文・作文募集 募集要項 > 作文の部

平成29年度 第50回 音楽鑑賞教育振興 論文・作文募集
児童・生徒対象部門 作文の部 募集要項

募集期間 平成29年6月1日(木)~9月29日(金) 当財団必着
入選発表 平成29年12月1日(金) ONKANウェブネットで発表後、通知を郵送
優秀作文発表 平成30年2月1日(木)発行 入選作特集冊子に掲載

テーマ・募集枚数・作文の書き方

テーマ 聴いてみつけた音楽の楽しみ
テーマの趣旨 音楽を鑑賞して聴き取ったことや感じ取ったことをもとに、音楽を聴く楽しみや聴いて得た感動などを作文にしてください。
募集枚数 小学生の部 400字詰原稿用紙 1~3枚(第1~3学年)
400字詰原稿用紙 2~5枚(第4~6学年)
中学生の部 400字詰原稿用紙 3~5枚
高校生の部 400字詰原稿用紙 4~6枚
  • 400字詰原稿用紙を使用してください。(小学生の部第1~3学年は200字詰原稿用紙でも結構です。)
  • 《テーマ》《テーマの趣旨》を参考に、自由な題名をつけて書いてください。
  • 題名のあとに、学校名・学年・氏名(ふりがな)を書いてください。
  • 鉛筆やボールペンなどを使って自分で書いてください。代筆やパソコン等の使用は認められません。何らかの事情でそれらが必要な場合は、余白部分に理由を明記してください。

応募方法

  • 是非学校を通してご応募ください。「学校賞」の対象となります。
    (学校を通しての応募方法は、下記「学校の先生・保護者のみなさまへ」欄をご覧ください。)
    個人で応募される場合、応募用紙は不要です。応募封筒に自宅住所・電話番号を必ず書いてお送りください。

審査基準

 次の観点で、応募作文を審査します。

  1. 音楽鑑賞の活動や体験における、音楽を聴く楽しみや、音楽を聴いて得た感動などを素直に表している。
  2. 1について、音楽を形づくっている要素や要素同士の関連など知覚したことや、それらの働きが生み出す特質や雰囲気など感受したことをもとに表している。
  3. 1、2の内容を作文全体にわたって整理して表している。

賞および副賞

文部科学大臣賞 小学生・中学生・高校生の部、各部門最優秀賞受賞者に授与されます。計3点。
個人賞 入選者には賞状および副賞を贈呈します。
学校賞 学校応募の入選者在籍校、および、惜しくも入選にはならなかったものの応募作文が優秀であると認められた学校に、賞状および副賞を贈呈します。
(学校賞は学校応募に対して設定し、個人応募は対象外となります。)
参加賞 校内応募者全員に参加記念品を贈呈します。
  個人賞 学校賞
最優秀賞 優秀賞 入選 入選
小学生の部 1名 3名 約16名 約20名 約20校
中学生の部 1名 3名 約16名 約20名 約20校
高校生の部 1名 1名 約3名 約5名 約5校
3名 7名 約35名 約45名 約45校
副賞 ヘッドホン、CDなどを検討中 AV機器、書籍、DVDなどを検討中

学校の先生・保護者の皆様へ

  • この作文募集は、学校の音楽設備の充実を願い実施しております。ご多忙のところお手数をおかけしますが、児童・生徒のみなさんに応募を呼びかけてくださいますよう、お願い申し上げます。
  • 掲示用ポスターをご希望される場合は、無料で郵送しますので、こちらのフォームからお申し込みください。
    (昨年度応募校には6月上旬にポスターをお届けします。また、音楽鑑賞教育マイスター会員のみなさまには、7月上旬に季刊「音楽鑑賞教育」Vol.30に同封してポスターをお届けします。)
  • 近年、インターネット上などの不確かな情報を参照した作文が散見されます。信頼ある発信元の音源・資料を参照するようにご指導ください。
学校を通しての応募方法
  • 応募作文は、募集枚数や審査基準を参考に選考していただき、1部門あたり10作以下(または校内応募総数が100作以上の場合は10分の1以下)に絞り込んでお送りください。送付作文数が超過しますと受理できませんのでご注意ください。
  • 下記の応募用紙が必要です。プリントアウトしてご記入いただき、学校長印、担当教諭印を押印の上、必ず添付してください。校内選考の後、万一送付作文が無い場合でも、校内応募者全員に参加記念品を差し上げますので応募用紙はお送りください。
  • 一貫校などで複数の部門に応募される場合は、部門毎に応募用紙をご用意ください。
  • 作文送付者一覧を別紙添付される場合は、応募者氏名と応募部門・学年を明記してください。

その他

  • 入選作文の出版、発表の権利は当財団に帰属し、応募くださった作文は返却いたしません。ご了承ください。
  • 入選発表は12月1日(金)にONKANウェブネットで行います。その後応募校、個人応募者宛に選考結果通知をお送りします。
  • 入選発表後、万一、入選作文がすでに発表された作文等に酷似している場合や、不正な点などが認められた場合、賞を取り消すことがあります。
  • 最優秀賞・優秀賞受賞作文は、当財団が刊行する入選作特集冊子〔平成30年2月1日(木)発行〕に掲載します。また、当財団が運営するウェブサイト、音楽鑑賞教育振興につながる告知媒体などに掲載することがあります。

ページの先頭へ戻る