音鑑主催事業案内・報告

ONKANウェブネット > 音鑑主催事業案内・報告 > 季刊「音楽鑑賞教育」

季刊「音楽鑑賞教育」

2018年度
特集テーマ

〈音楽の授業づくり〉
Vol.36(1月発行) 私の考える「音楽的な見方・考え方」を働かせた学習活動(仮題)
Vol.35(10月発行) 新学習指導要領の趣旨を生かしたグループ活動とは
Vol.34(7月発行) 新学習指導要領における〔共通事項〕new
※実践報告は小学校・中学校のみの掲載です。
Vol.33(4月発行) 音楽科における「知識及び技能」とその指導
※実践報告は小学校・中学校のみの掲載です。
2017年度
特集テーマ

〈音楽の授業づくり〉
Vol.32(1月発行) 私が考える「主体的・対話的で深い学び」とは
Vol.31(10月発行) 音楽室の環境をどう工夫するか ~楽しく、主体的に学ぶ環境づくり
Vol.30(7月発行) 特別支援教育と音楽
Vol.29(4月発行) 実感をもって取り組む音楽の学習
2016年度
特集テーマ

〈音楽の授業づくり〉
Vol.28(1月発行) 音楽科と生活や社会との関わりを考える
Vol.27(10月発行) 音楽科教育におけるアクティブ・ラーニング
Vol.26(7月発行) 郷土の音楽に愛着をもつ
Vol.25(4月発行) 知覚と感受の大切さとその落とし穴
2015年度
特集テーマ

〈音楽の授業づくり〉
Vol.24(1月発行) 聴くことへの意欲を高める鑑賞教材とその選び方
Vol.23(10月発行) 音楽が好きになるワークシートを作る
Vol.22(7月発行) 音楽の授業における鑑賞の意味を問い直す
Vol.21(4月発行) 子どもたちは音楽の授業を楽しんでいますか
2014年度
特集テーマ

〈音楽の授業づくり〉
Vol.20(1月発行) 授業が変わるきっかけ
Vol.19(10月発行) 音楽との出合いをどう工夫するか
Vol.18(7月発行) 音楽への意欲を高める授業づくり
Vol.17(4月発行) 音楽を通して人間を育てる
2013年度
特集テーマ
Vol.16(1月発行) 子どもが生き生き活動する授業の発想と設計
Vol.15(10月発行) 音楽科で育てる思考力・判断力・表現力
Vol.14(7月発行) 鑑賞と表現を関連させるとは・・・
Vol.13(4月発行) 音楽の指導と言語活動
2012年度
特集テーマ
Vol.12(1月発行) 教科書をどう生かすか
Vol.11(10月発行) 多様な音楽へのアプローチ
~さまざまな音楽をどのような視点で指導したらよいか~
Vol.10(7月発行) 1時間の授業をどう展開するか
Vol.9(4月発行) 共通事項”その先にあるもの~よりよい授業をめざして
2011年度
特集テーマ
Vol.8(1月発行) 今から始めよう!ICTの活用 ~子どもと音楽を結び付ける指導技術(3)
※実践報告は小学校・中学校のみの掲載です。
Vol.7(10月発行) 鑑賞指導の教材を考える
子どもと音楽を結び付ける指導技術(2)
Vol.6(7月発行) 新しい学習評価(2)~これからの評価の進め方
Vol.5(4月発行) 発問や教師と子どものかかわりから鑑賞の授業を考える
子どもと音楽を結び付ける指導技術(1)
2010年度
特集テーマ
Vol.4(1月発行) 新しい学習評価(1)~音楽科におけるこれからの評価の方向
Vol.3(10月発行) よりよい鑑賞の授業を求めて ~指導計画をどのように工夫するか
Vol.2(7月発行) 「我が国や郷土の伝統音楽」の指導
Vol.1(4月発行) 鑑賞指導で子どもは何を身につけるか

季刊誌ならではの特集構成、テーマごとに集中掲載

☆毎号1つの特集テーマを実践につなげる内容で構成
☆読みごたえのある内容をより分かりやすく図表や写真を掲載

●授業を展開するための考え方やポイントを、小学校低学年から高等学校までの具体的な事例を通して分かりやすく提案します。
●実践の裏づけとなる考え方を現在の音楽教育を牽引する研究者が論述します。

音鑑ならではの音楽鑑賞を掘り下げる連載企画

多彩な著者による音楽鑑賞が楽しくなる評論などから、さまざまな切り口で「音楽のひみつ」に迫ります。

定期購読は「音楽鑑賞教育マイスター会員」にご入会ください。

定期購読(個人)は、「音楽鑑賞教育マイスター会員」(年会費5,000円+税)にご入会ください。年4冊単刊でご購入されるよりもお得になります。
マイスター会員の詳細、お申し込み方法はこちらをご覧ください。

ページの先頭へ戻る