音鑑主催事業案内・報告

ONKANウェブネット > 音鑑主催事業案内・報告 > 2007年 第5回 新・冬の勉強会 報告

2007年 第5回 新・冬の勉強会 報告

 2007年度第5回「新・冬の勉強会」の全体構成を下記の4点で組み立てました。

  1. 国が教師に期待していることは何か
  2. そのうち音楽科が果たすべきことは何か
  3. 音楽の力が子どもの身に付くカリキュラム作成の考え方
  4. 実際に教室で展開される授業テクニックの紹介

 これは、大所から俯瞰し、段々に焦点を身近な教室に絞っていくことにより、参加者の理解が一層深まると期待したものです。アンケートからは、

  • 教育課程の今後の方向性がよく理解できた。貴重な情報だった。
  • これからの授業づくりに大いに役に立った。

と好評をいただきました。


ワークショップから(オルガン)


ワークショップから(チェンバロ)

(以下敬称略)

日時 平成19年12月26日~27日
会場 二子玉川アレーナホール
パイオニア(株)研修センター(東京・二子玉川)
松本記念音楽迎賓館(東京・二子玉川)
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京・代々木)
主題 これからの音楽科教育を考える
全体構成
  1. 国が教師に期待していることは何か
    Ⅴ 特別講演「これからの教育課程の方向」 石塚等(文部科学省学校教育官)
  2. 音楽科が果たすべきことは何か
    Ⅵ 鼎談「これからの音楽科教育を考える」 金本正武(千葉大学教授)/佐藤日呂志(千葉県船橋市教育委員会指導課主幹)/工藤豊太(全日本音楽教育研究会中学校部会副会長)
  3. 音楽の力が子どもの身に付くカリキュラム作成の考え方
    Ⅶ 報告「小中9年間を見通した音楽科教育の実現に向けて」 音鑑研究委員会研究開発部会
  4. 実際に教室で展開される授業テクニックの紹介
    Ⅱ 報告「音楽のおもしろさがわかり、進んで音楽を聴く子どもを育てる指導」 音鑑研究委員会鑑賞指導部会
    Ⅲ オルガンとチェンバロのワークショップ 長井浩美(オルガン奏者)/渡邊温子(チェンバロ奏者)
    Ⅷ 講演「授業における効果的なICTの活用」 山路進(財団法人日本私学教育研究所主任研究員)/石井ゆきこ(東京都荒川区立尾久第六小学校教諭)/勝山幸子(東京都東村山市立第四中学校教諭)
    Ⅸ 報告「総合的な音楽力を高めるための鑑賞指導と評価のあり方」 渡邊麗子(東京都小学校音楽教育研究会音楽授業研究の会代表)
スケジュール

Ⅰ 講演「これからの学校教育と音楽科の課題」

川池聰(音鑑開発事業主管)

 第5回「新・冬の勉強会」テーマである『これからの音楽科教育を考える』の導入として、昨年11月に中央教育審議会から提出された「審議のまとめ」の内容を講師が整理し、図表を用いて新しい学習指導要領の方向性を明確に示しました。

Ⅱ 報告「音楽のおもしろさがわかり、進んで音楽を聴く子どもを育てるために」

音鑑鑑賞指導部会:粟飯原喜男、徳田崇、中島寿、大塚弥生、山崎正彦

 「実際に教室で展開される授業テクニックの紹介」の1番目として、鑑賞の指導テクニックを研究してきた音鑑研究委員会鑑賞指導部会の研究成果の報告です。
 指導のねらいが確実に子どもたち全員に身に付き、それによって音楽のもっているおもしろさが感じ取れるように、「音楽、鳴り響く音そのもの」で指導を組み立てていくことが必要であること、そのためには、教材選択や教材の提示箇所などを吟味すること、発問の仕方・タイミング、聴かせ方を吟味することが必要であることを実際の事例を使って提案しました。
 模擬授業形式での体験をとおして指導のポイントをつかむことができたのではないでしょうか。

Ⅲ オルガンとチェンバロのワークショップ

長井浩美(オルガン奏者)/渡邊温子(チェンバロ奏者)

 「実際に教室で展開される授業テクニックの紹介」の2番目として、松本記念音楽迎賓館でオルガンとチェンバロのワークショップを行いました。音鑑には実際に触れることのできるオルガンやチェンバロがあります。それぞれの楽器の構造や歴史などのレクチャーと演奏を聴き、楽器に触れることは、授業の中で子どもたちに伝えることができる実体験となります。

Ⅳ 講演「月刊誌特集:教育改革に望む」

山本文茂(名古屋芸術大学教授)

 平成19年度に月刊「音鑑鑑賞教育」誌で特集を組んだ《教育改革に望む》。各月のテーマを振り返りながら、第8次学習指導要領告示に向けた音楽鑑賞教育に求められるものを考えました。

Ⅴ 特別講演「これからの教育課程の方向」

石塚等(文部科学省初等中等教育局学校教育官)

 「国が学校教育に期待していることは何か」という視点で、文部科学省が11月に作成し、全国の教員に配布した「生きる力」の冊子をもとに、学習指導要領改訂のポイントについてその全体像をお話いただきました。

Ⅵ 鼎談「これからの音楽科教育を考える」

金本正武(千葉大学教授)/佐藤日呂志(千葉県船橋市教育委員会指導課主幹)/工藤豊太(全日本音楽教育研究会中学校部会副会長)

 石塚氏の講演を受け、「審議のまとめ」をもとに音楽科の現状と音楽科が果たすべきことは何か、これからの課題を明らかにし、小学校、中学校の現場でどのように実践をしていったらよいか、ディスカッションしていただきました。

Ⅶ 報告「小中9年間を見通した音楽科教育の実現に向けて」

川池聰(音鑑開発事業主管)

 新教育課程の実施に向けては、まず現在の指導を改めて見つめ直すことが必要です。現行学習指導要領を小中9年間の連続性・発展性という視点で研究をしてきた音鑑研究委員会研究開発部会が、次の3点について解説しました。

(1)指導内容をモジュールによって明確にできること
(2)それによってバランスの取れた、指導計画が立てられること
(3)指導内容が明確になることで評価の観点も明確になること

Ⅷ 講演「授業における効果的なICTの活用」

山路進(財団法人日本私学教育研究所主任研究員)/石井ゆきこ(東京都荒川区立尾久第六小学校)/勝山幸子(東京都東村山市立東村山第四中学校)

 山路進氏には学校教育に導入されているICT活用の基本的な考え方を示していただき、石井ゆきこ氏、勝山幸子氏からは小学校、中学校の音楽の授業で実際にどのように効果的に使っているか、子どもの意欲を引き出し、学習効果を高めるツールとしての電子情報ボードを使った実践の一端を紹介していただきました。

Ⅸ 報告「総合的な音楽力を高めるための鑑賞指導と評価のあり方」

渡邊麗子(東京都小学校音楽教育研究会音楽授業研究の会代表)

 現在音鑑の研究助成を受け、平成21年2月13日に研究成果を発表する予定の東京都小学校音楽教育研究会「音楽授業研究の会」から、研究の内容を説明していただき、どのように研究を進めているか、どのように研究成果をまとめるか、その一端を報告していただきました。

ページの先頭へ戻る