音鑑主催事業案内・報告

ONKANウェブネット > 音鑑主催事業案内・報告 > 2004年 第2回 新・冬の勉強会 報告

2004年 第2回 新・冬の勉強会 報告

期間 2004年12月26~27日
会場 東京HAKUJUホール及び国立オリンピック記念青少年総合センター
主題 これからの音楽科教育を考える
目的 財団の研究成果及び途中経過を公開し、参加者と共に学習指導要領に沿った学科教育、特に鑑賞領域の指導のあり方を考える。また普段演奏会に行く機会の少なくなっている受講者に、演奏を提供する。
内容 (1)お話と演奏
お話 「クラシック音楽とは何か」 遠山一行(音楽評論家)
演奏 森 美加(ウィーン国立音楽大学講師)/クゥインター・カルテット(弦楽四重奏)
(2)研究経過報告「小学校及び中学校の指導内容等の連続性・発展性」
報告 川池 聰(音鑑財団研究事業主管)
助言 大熊信彦(文部科学省教科調査官)
(3)教材編集実習「DVDレコーダーで教材制作をしてみませんか?」
説明 DVDレコーダー開発メーカー
(4)講演「音楽科教育に求められるもの」
講師 高須 一(文部科学省教科調査官)
(5)講話「子どもを惹きつける授業とは」
講師 渡邊學而(音楽評論家・音鑑研究事業主管)
(6)公開指導研究「ねらいをしぼった教材選択と指導法」
小学校低学年、小学校高学年、中学校に別れて分科会
参加人数 220名(全国から参加)
報告  遠山先生は、教材に多く登場するクラシック音楽とポピュラー音楽の差について話され、学校で取り上げられる楽曲の意味を振り返る機会となった。
 カルテットの演奏は、受講者が音楽を聴きとるレクチャー形式とした。
 今回の勉強会の中心は「小・中学校の指導内容等の連続性・発展性」について音鑑研究委員会研究開発部会の中間報告であった。小学校、中学校の学習指導要領の内容を9年間の連続した指導内容の帯びとして捉え直し、それらを年間指導計画に組み込むことで、子どもたちが身に付けるべき力を明確にし、一貫して指導できるという趣旨であった。同時に、子どもたちの身に付くという観点から分析を行い、表現領域と鑑賞領域の内容の関連が明示され、効果的な指導計画を組むためのこうした関連を探る考え方を提示した。
 後半は指導の実践に狙いを定め、いくら良い「ねらい」を立て、効率向上を図ったとしても、授業自体が楽しくないことには子どもに伝わらないという視点から、客観的な要素で子どもの関心・意欲を惹き立てる方法を、教材楽曲とその演奏を吟味して提示した。

ページの先頭へ戻る