音鑑主催事業案内・報告

ONKANウェブネット > 音鑑主催事業案内・報告 > 平成28年 音鑑・夏の勉強会2016 報告

平成28年 音鑑・夏の勉強会2016〈教員免許状更新講習(選択6+12時間)認定〉が8月19日(金)~21日(日)に開催されました

 8月19日から21日の3日間の日程で、東京・二子玉川の松本記念音楽迎賓館で、「音鑑・夏の勉強会2016」が行われました。
 体験型の研修会として、1日目の音楽講座は「我が国や諸外国の伝統的な音楽」について講義で学び、ワークショップでは〈朝鮮半島の音楽〉〈アフリカの打楽器〉〈日本・東南アジアの竹の楽器〉を実際に体験しました。2日目・3日目は主にグループ毎に研修を行い、さまざまな音源を聴き比べ、ねらいに適した教材を選ぶ方法、〔共通事項〕を窓口にした楽曲分析の方法、指導の流れの考え方や評価の方法などを、講師のアドバイスのもと深めていきました。

研修テーマ よりよい授業を求めて
開催期間 平成28年8月19日(金)~21日(日)
会場 松本記念音楽迎賓館
スケジュール スケジュールpdf(PDF:146KB)
受講者数 小学校・中学校教諭など53名
講師
(敬称略)
全体講師:藤沢章彦(文教大学講師、財団理事・研究主管)
講師:
加藤富美子(東京音楽大学教授)
李 明姫 (韓国重要無形文化財第23号伽倻琴併唱履修者、李明姫国楽院代表)
李 昌燮 (一般社団法人民族音樂院代表理事、サムルノリ・韓国打楽器奏者)
飯田茂樹 (東京学芸大学非常勤講師、NPO法人日本インドネシア・バリ教育文化協会理事長)
館 雅之 (神奈川県横浜市立高田東小学校長)
梅宮真里 (福島大学附属小学校教諭)
熊倉佐和子(東京都練馬区立関町北小学校主幹教諭)
萬  司 (北海道札幌市立澄川中学校主幹教諭)

内容

第1日
(1)講義「我が国や諸外国の伝統的音楽~その特色と指導~」

 音楽科教育の視点から「これからの学校教育と我が国の音楽・諸外国の音楽」「我が国の音楽・諸外国の音楽の多様性・共通性・独自性」について学び、授業での取り扱い方について考えました。

講師:加藤富美子

(2)ワークショップ〈朝鮮半島の音楽〉〈アフリカの打楽器〉〈日本・東南アジアの竹の楽器〉

 〈カヤグムとチャンゴ〉〈アフリカの打楽器〉〈トガトン、バリンビン、こきりこ〉などの体験を通して、その地域の音楽の特徴や背景についての理解を深めました。初めて実物を見る楽器の、音の大きさに驚いたり、演奏の仕方に驚いたりと、楽しく学びました。

講師:

カヤグム:李 明姫
チャンゴ:李 昌燮
アフリカの打楽器:飯田茂樹
日本・東南アジアの竹の楽器:加藤富美子


第2日・第3日
(3)講義「学習指導要領の内容と学習評価」

 当財団発行の「これからの鑑賞の授業2」をテキストに、鑑賞領域の指導内容と評価、〔共通事項〕を窓口にした楽曲分析の実際、子どもたちに具体的な支援を行う手立て(チェック&フォローアップ)について研修しました。

講師:館 雅之

(4)グループ研修「音楽鑑賞の指導と評価」の実際

 グループに別れ、教材研究や、題材の指導計画の作成を中心に、鑑賞の授業の組立て方を研修しました。

講師:

小学校A:梅宮真里
小学校B:熊倉佐和子
中学校 :萬  司

グループ 学年 研修内容 中心教材
小学校A 中学年
  • 〔共通事項〕を窓口にした楽曲分析
  • 授業の組み立て方
  • 事例の作成
『白鳥』(サン=サーンス作曲)
小学校B 高学年
  • 〔共通事項〕を窓口にした楽曲分析
  • 指導計画、評価計画の作成
『威風堂々』(エルガー作曲)
中学校
  • 音源を聴き比べ、中心教材の教材性や魅力を考える
  • 学習内容や指導事項を考える
『アランフェス協奏曲』
(ロドリーゴ作曲)
(5)研修のまとめ

 各グループから、それぞれのグループ研修の概要が報告され、全体講師の藤沢先生が2日間の研修内容をまとめ、その後もう一度グループに分かれて振り返りをしました。

講師:藤沢章彦

参加者の声

第1日
  • 今回のように実際に本物の楽器に触れて自分で体験することで、新たな発見だったり、さらなる興味関心がわいたり、よりくわしいことが分かったりしたので、大変参考になりました。学校で授業するときに生かせる内容だったので、またこのようなワークショップ型の研修会に参加したいと思いました。
  • 実際に諸外国の楽器を体験できたことが何よりよかったと思います。教える側でありながら、諸外国の楽器は書籍で読んだレベルのことでしか分からないので、今日は本当に有意義でした。今後も実際に体験できる講座があればいいなと思いました。
  • 日本以外の国の音楽に生で触れられたことは大変勉強になりました。今後民族音楽を授業で教えていく上で大変貴重な体験をさせていただけたと感じております。
第2日・第3日
  • 授業の組み立て方がわかりました。講師の先生方のお話と、受講者のみなさんとの話し合いは、とても刺激になり、ある1つの楽曲でも色々なアプローチの仕方があることに気が付きました。この経験を今後の活動に生かし、深みのある授業づくりが出来るようになりたいです。
  • 今後教育現場に立つ際に、授業の組み立てや進め方の参考になりました。楽曲分析の仕方がとてもよく分かりました。
  • 1人では見えないことも、他の方の意見を伺うと気がつくこともありました。一緒に考える機会はあまりないので、貴重でした。
  • 講義やグループ研修を受講し、ねらいにあった学びのために、明確で具体的な生徒の姿・反応を想定することの大切さと難しさを強く感じました。特に講義を通して、学ばせたいポイントをはっきりさせ、わかったかどうかが一目でわかるよう工夫することが大切だということや、チェック&フォローを建前より想定することが大切なことも実感としてよくわかりました。

ページの先頭へ戻る